[ 文:橋本真由美 写真:橋本真由美 橋本道継 ]

数多くの織り技法がある西陣織の中でも最も歴史が古く、飛鳥、奈良時代から織られていたという「経錦織(たてにしきおり)」という織り技法。その時代背景から、大陸文化の影響を受けた、少しエキゾチックな古典柄が多い。


多くの織物が主流とする、単色の経糸(たていと)に色とりどりの緯糸(よこいと)を通して文様を織り出す「緯錦織(よこにしきおり)」に対して、経錦織は経糸で文様を織り出す技法。三層に張った経糸を上下させながら、緯糸をくぐらせていくことで複雑な文様を表現する。

極細の経糸を無数に張り手間と技術で文様を織り出す′o錦織は、大変な苦労と熟練の技術が必要なことから早い時期に廃れてしまい、今では古典的な珍しい織り方と言われている。

京都が誇る伝統産業の西陣織、それも古代の織を継承する経錦織を、ぜひとも「継」の最初のオリジナル製品に取り入れたいと思い、私たちは一軒の織屋さんを訪ねた。

西陣 せがわ(瀬川織物株式会社)
瀬川織物さんは、織物の古典技法である経錦織の裂地(きれじ)を製織する織屋さん。

裂地とは、織り上がった布地のこと。帯はもちろんのこと、ここから掛軸の表地や仕履(しふく)とよばれる茶道の道具を入れる袋、小物の加工などに使われる。裂地の色や柄、織り方や織られた時代により、芸術的価値が大きく変わることもあり、その奥深さに惹かれ世界中にコレクターがいる。



古代の製法のため色数が少なく渋い色あいが多い経錦織だが、瀬川織物さんでは、小物に似合う映える色に古典柄を組み合わせる独自のスタイルの裂地も織っておられるそう。

キーホルダーという小さな物で西陣織らしさを表現する、となると、小振りの柄が良い。それも性別を問わず愛用していただける明るめの色目を選ぶことに。

小物加工に精通したご主人と奥さまに、適した柄の選び方を教わりながら8種類の文様を選び、そこからさらに6種類に絞った文様をオリジナルキーホルダーに取り入れることに決定。


持ち帰った裂地をペアスロープあさま工房へと送る。紙に実物大の穴を開けて、イメージしてみる。

工房の職人と打ち合わせながら、裂地の使い方を考え、あえてランダムに切り取っていただくことにする。切り取る部分が小さいだけに、文様のどの部分を切り取るかで、色や柄行きがガラリと変わる。牛革に組み込まれるとどんなキーホルダーになるのか、仕上がりが楽しみ。







   そして…、







ペアスロープ秋物リリース1週間前、待ちに待ったオリジナルキーホルダーが届く。


想像以上の存在感。牛革の存在感に経錦の西陣織が彩りを添えて、「和小物」の域を超える魅力的な革小物に仕上がった。

「継」と縫い込まれた新しいネーム刺繍タグをつけて、初めてのオリジナル製品の完成です。
¥2,500 税別

※絹織物の特性上、摩擦による色褪せや擦れが生じやすいので、
  オートバイなどハードな環境でのご使用はお控えください。


西陣織の織り技術の中でも最古といわれる、経錦織(たてにしきおり)。その柄は大陸文化の影響が色濃く、自然界をイメージさせる文様は、ひとつひとつに意味をもつ。かの時代の人々が生み出す文様に込めた想いを知ると、柄を選ぶ楽しみがまたひとつ深いものになるだろう。

花見といえば今は宴会だが、元は桜の花が咲く春、田んぼの神様に食物や酒を振る舞い豊作を願う神事であった。さくら柄は、日本の主食である稲の豊作を願う縁起の良い柄とされている。

三重の半円を連続して波を描いた柄で、源流は中東ヨーロッパのササン調ペルシア時代(紀元3〜6世紀)と言われる。シルクロードを通じて日本に伝わった。大海原に果てなく打ち寄せる悠久の波を表し、平穏、未来永劫の意味を持つ。

古代中国の三国時代、蜀(しょく)で考案された、四角形と八角形の連続した幾何学模様。
日本には飛鳥・奈良時代に、西陣織の原点でもある経錦織の技術と同時期に伝わり、奈良・法隆寺の宝物に今でも多く残されている古典柄。

※完売しました。

立涌(たてわく)は二本の曲線で雲気、立ち上る水蒸気を表し、膨らんだ部分に波、藤、菊、松などの自然界を連想する柄が織り込まれるものが多い。花模様を織り込んだものを立涌花文といい、歴史上の屏風や宝物、能の装束にも使われる。

※完売しました。

流水柄は弥生時代の銅鐸にも使われている、水のように神聖で清らかな正義を意味する日本古来の伝統柄。草花や動物、器物との組み合わせによって日本の美意識の象徴として古くから使われている。

七宝とは仏教用語で七つの宝のこと。同じ大きさの円形を交叉に連鎖させて重ねる柄は、無限の平和や円満、子孫繁栄を意味し、七宝と同等であるという吉祥柄として、現在も縁起物にも多く取り入れられている。

※完売しました。



ところで、西陣織は京都を代表する伝統工芸品としてあまりに有名であるが、実は「西陣」という地名は存在しない。

西陣が西陣と呼ばれるゆえんや、織物を取り巻く古い街の風景を知っていただくと、より京都を訪ねたくなるかもしれない。その話はいずれ…。



<< オリジナル製品へ



menu shop touring blog menu shop touring blog