[ 文:橋本真由美 写真:橋本道継 ]


 京都も桜のシーズンになりました。桜の名所はガイドブックに任せて、ここでは「大人の遠足」向けの桜散策コース(しかもタダ)をご紹介したいと思います。



 「蹴上インクライン」
大津と京都を結ぶ水運路として作られた琵琶湖疎水。高低差で船が動かせない部分に線路を引き、台車で船を移動させる目的で明治時代に作られた傾斜鉄道が「蹴上インクライン」です。

 インクライン跡には線路が残り、その左右には一直線に見事な桜。そのレトロな鉄道跡と華麗な景色は、しばしばカタログの写真などに撮られています。




 この桜のトンネル、桜が終わった後の新緑のトンネルもとても清々しく気軽な散策スポットとしてお勧めです。

 線路を伝って、そのまま南禅寺へ。




 レンガ造りの水路閣。単なる寺社仏閣とはまた違った和洋折衷な京都の風景が広がります。






 疎水沿いの桜を眺めながら平安神宮へ。




 右近の橘 左近の桜がお出迎え。


右近の橘 左近の桜


 平安神宮は枝垂れ桜が美しく咲き誇ります。ベニシダレザクラの名所「神苑」には入場料が必要ですが、広大な敷地を散歩するだけでも、じゅうぶん春気分を楽しめます。




おみくじもさくら色。


 平安神宮を出ると、ぐるりと広がる琵琶湖疎水。疎水沿いの桜もお勧めです。




 明かりの少ない中、ぼんやりと疎水に映し出される桜と、静かに走る十石船。

 観光船から見る平安神宮の大鳥居や京都市美術館と桜との、昼間の艶やかなコラボレーションも良いのですが、私のお勧めは夜間。観光客も少なくなり、昼間に見る桜とは全く違う幽玄な景色が広がっています。




 時間的には午後からの散策が良いと思います。昼間から夕刻、日暮れから夜にかけて、空と桜の色が変わるさまを時間とともにゆっくり愛でる…大人の遠足は、桜めぐりも時間をかけて楽しみたいものですね。


≪古都巡りTOPへ

menu shop-info products blog touring menu shop-info