2016年 5月から6月までの京都伏見。


和束茶(わづかちゃ)。
6月24日送信


京都の南端の山あいに、 和束町(わづかちょう)というお茶の産地があります。「茶源郷」と呼ばれ平地から山のてっぺんまで茶畑一色。直売所で摘みたての新茶を味わってきました。

お店の人に美味しい煎茶の淹れ方(銘柄によって湯の適温が違う)を教わって自分で淹れるのですが、じっくりと湯を冷まし、急須に入れて待ち、じっくりと茶器に注ぐその時間の流れ具合が、なんともいえず良いのです。

周辺は茶畑に囲まれた絶好のツーリングロード。
急がないのんびりツーリングにはぴったりのひと時が過ごせます。



店舗裏のアジサイが見頃。
6月16日送信


毎年きれいに咲く、京都伏見店舗裏の巨大アジサイ。店の中からは見ていただけないのが残念なのですが、川沿いのサイクルロードからならその大きさを見ていただけると思います。

畑の塀を超えるほどの高さにまで育ち、2メートルは優に超えています。日本アジサイなので少し控えめな印象なのですが、さすがにこれだけのボリュームがあれば迫力があります。

年に一度の鮮やかなアジサイを見れば、梅雨のうっとうしさも少しは和らぐ気がします。




製品裏情報!
6月9日送信


ペアスロープ東京本店上階の「夫婦坂工房」、「あさま工房」ほか、全国各地の協力工房にて、ペアスロープにしかできないものづくりの製品を、8月31日までの期間限定にて少しずつ販売していきます。

第一弾は、大きめのスマートフォンに対応したポケットが特徴のウエストバッグ。1頭1頭大切に育てられた但馬(たじま)牛にオイルをたっぷりと浸み込ませ、使い込むほどに味わいを増す魅力的な「和牛」を使用。流通量が極端に少ないこの素材を惜しげもなく使用したスペシャルモデルです。

京都伏見店にて現物がご覧いただけます。「和牛」素材の質感や使い勝手など、ぜひ手に取ってご確認ください。

またステア牛革でのカラー変更やアンティークホースレザーでのカスタムオーダーも可能です。

※WB-M1 ウエストバッグ
       の詳細はこちらから>>

※「和牛」 の詳細はこちらから>>



スウィーツサービス。
6月2日送信


6月4日(土)よりお出しする水無月(みなづき)。初夏の陽気で汗ばむ日も増えてきたこの時期にうれしい和菓子です。土日祝にお買い物いただいた方へ数量限定にて、京都伏見オリジナルブレンド珈琲と一緒にお出しします(アイス珈琲、抹茶もあります)。お買い物後のひととき、ごゆっくりおくつろぎください。

※スウィーツのページはこちら >>



グローブサイズでお困りの方へ。
5月23日送信

グローブサイズのカスタムで、主に指の長さを変更するカスタムサイズオーダーのご案内です。手の平サイズはLLなのに、指の長さはMぐらいでいいんだけど、、という方にお勧めなのが「指サイズカット加工」です。

今まで仕方なく既成サイズを我慢しながら使用されている方も多いはず。弊社グローブ工房である屋島工房、東京本店に続いて、京都伏見店でもカスタムサイズオーダーが可能です。

ぜひご来店いただき、いろんなモデルをご試着いただきながらご相談ください。グローブも操作の要の必須アイテム、こだわりがいのある物ではないでしょうか。




夏に備えて、その2。
5月16日送信


こちらもこの時期人気のある「メッシュハンチング」のご紹介。MA-01やMA-055メッシュジャケットと同じ生地を使用した、通気性の良さとサラリとした肌触りが特徴です。

ツーリング先での散策時に大変重宝するアイテムです。また簡単に水洗いができるので、これからの季節に大活躍してくれること間違いなしなのです。

※メッシュハンチング
   の詳細はこちらから>>

※MA-01 MA-055
   の詳細はこちらから>>



夏に備えて。
5月9日送信

今お問い合わせの多い「GM-32sh メッシュホースジャケット」は、ソフトホースレザーにパンチング加工を施してレザーの安心感と涼しさを両立させた、これからの季節にぴったりの革ジャンです。

ライディング専用の割り切ったデザインとしながらも、柔らかいソフトホースレザーを使用した着心地の良いツーリングレザージャケットです。

GM-32sh の詳細はこちらから>>



≪戻る

menu shop-info products menu shop-info