2012年 9月から10月までの京都伏見。


改めまして、京都伏見店について少し。
10月29日送信
ここ最近、京都に古くから残る町家や商家が次々と取り壊され激減している・・・と、最近ニュースで報道していました。その数、1年に100戸以上もあるとか、、。大半がコインパーキングに姿を変えているそうです。商家に店を構える弊店としては見過ごせないニュースでした。

核家族化で老夫婦だけが家に残り、古い家屋を維持できなくなっているのが一番の理由だそうで、NPO法人や自治体も懸命に古き良き京都の風景を残そうと努力しているのだそうですが、時代の流れには逆らえず、、といったところなのでしょうね。
波打つガラス戸

とはいえ、一度取り壊されてしまうと二度と建てることができない、とても貴重な建物。波打ったガラス、建具や太い梁(はり)等は、現在の資材ではとうてい作ることができないのです。弊店は、今や空前の灯になろうとしている京都の伝統的な建物の外観や室内など、昔ながらの意匠がまだ残っているとても貴重な建物なのです。

弊店にお越しの際は、商品をご覧いただくのももちろんですが、古き良き、京都の商家の風情もぜひ目に焼きつけていただきたいと、思っているのです。



革ジャンと共(友)に。A
10月26日送信
私の毎日の通勤距離は約60km、しかも山越え付き。ここ数日では、夜の気温が10℃を下回ります。そうです、寒いのです!
そこで愛用の革ジャンに少し早いのですが、防寒用サンステートライナーを装着しています。あったかいです。着ぶくれて苦しかったり、ライナーのスソが下からはみ出したりも当然しませんので、非常にスッキリとかつスマートにカッコよく、あったかく着れています。中は厚めのロンTと首元にはネックウォーマーの装着で、現時点では全く問題なしです。

また、ほぼ毎日着用している事もあり、更に馴染んで、いいツヤとシワが付いてきました。自分で言うのもなんですが、いやぁカッコイイです、ハイ、、、。



秋冬野菜、育ってます。
10月22日送信
あとひと月くらい先に、たぶんできるであろうジャガイモ。新ジャガって旨いんですよ・・・なので「イモ掘りプレゼントキャンペーン」、やってしまおうかと考えてますが。。。でも弊社のイメージを壊すので、たぶんボツでしょう。(なんらかのカタチでご馳走したいですね)



その仕上げ、感動です・・・10月20(土)〜22(月)
10月21日送信

東京本店スタッフ兼職人である小塚が(私にとっては小塚様、小塚先生、小塚師匠!なのです、、)、10月20(土)〜22日(月)の3日間、デニムのスソ上げやワッペン付けにと、その腕を披露。

ジーンズや、テキスタイルジャケットをご検討の方は、この機会をどうぞお見逃しなく!

またパタンナーでもあるので、革ジャンをご検討の方もこの機会を逃さないでください。作り手が直接オーダーのご相談をいたします。あんな事やこんな事、あなたのありったけをぶつけてみてはいかがでしょう。

弊社ならではの職人出張サービスです。この3日間、ぜひご来店ください。
デニムスソ上げ中の小塚(師匠)。



秋祭が始まります。
10月13日送信

弊社京都伏見店の駐車場は、この辺りの氏神様である、田中神社の御旅所の一角をお借りしております。いつも神様に見守っていただけるありがた〜い場所なのですが、10月14日(日)〜10月21日(日)までの間、田中神社秋祭のため、使用できなくなります。

ですので、可能な限りオートバイでのご来店をお願いいたします。ご不便かけますが、どうかご協力ください。

また4輪は2台分だけ、臨時駐車場をお借りしましたが、少々停めにくい場所なので、4輪でのお客様はまず店舗前までお越しください。口頭とチラシでご案内いたします。

でもできるだけ、2輪でご来店いただけると助かります・・・。



秋本番なのです。
10月11日送信

西陣織と聞いて連想されるのは、少々派手なイメージが多いかと思います。もちろんそれはそれでとても美しく魅力的ではありますが、渋い縞模様の西陣織もこれまた素敵なのであります。

日中も随分と過ごしやすくなり、これからいよいよ秋本番といったところ。京都伏見店の秋本番、ぜひご覧にお越しください。



西陣キーホルダーの詳細ページ
渋い西陣織キーホルダーと上質な牛革クッションもみじ、秋のコラボレーション。

西陣織キーホルダー 2,500円



革ジャンと共(友)に。@
10月1日送信

梅雨時期の、とても革ジャンなど着ようという気になれない時期に仕上がった私の「革ジャン」。やっと着れる季節の到来!

少しずつ、ゆっくりと、着る度に、私の痕跡がついていくのが実感できます。共に歩んでいく歴史の始まりです。

こいつ(革ジャン)を眺めていると、気が付けば顔がニヤニヤしてしまいます。

以上、とっても私事な話ですみませんでした・・・。 (でもニヤニヤ)
ヒジの内側についてきた私の痕跡。



スペシャルな2日間。
9月27日送信

<下記縫製職人出張イベントに関して>
9月30日(日)は、台風通過のため中止とさせていただきます。恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

9月29(土)・30(日)の2日間、本店より縫製職人が出張し、ワッペン縫い付けサービスを実施。この両日に限り、職人小塚が「きれいに」縫い付けいたします。

内容といたしまして、
弊社ウェアお買い上げの方に、ペアスロープワッペン&縫い付け無料(1ヶ所無料、2ヵ所以上は有料)サービス。

弊社ウェアを、すでにお持ちの方の持込は、弊社ワッペン:500円 + 縫い付け工賃500円〜1,000円。 その他ワッペン持込での縫い付けも可能です。

<ご注意>
ワッペンのみの販売はいたしません。弊社ウェアのみのサービスです。モデルやワッペンの種類によってできない場合もあります。予めご了承ください。

ちょっとしたカスタムで、更にカッコよくすることができるチャンス!
現在ウェアをご検討中の方も、既にお持ちの方も、どうです、やってみませんか。たかがワッペン、されどワッペン、ちょっとしたこだわりが、いいアクセントになります。ぜひこの機会にチャレンジしてください。



ニッポンは、いいなぁ。
9月24日送信

ニッポンには四季があります。
その他にも四季のある国はあると思います。ただ「四季を感じ、その折々を愉しむ事に長けている」のは、ニッポンが一番ではないでしょうか。

春夏秋冬それぞれに「景色」「音」「香り」「味」と、実に様々な愉しみ方の文化を持っていますよね。

弊社には、そんなニッポンの四季を、少しでも感じていただけるような素敵な製品があります。

これからは、日ごとに秋の香りが深まっていきますが、京都伏見店「秋の製品」をご覧になり、そして秋を感じに、ぜひお越しください。
「印伝」と「もみじ」のレザークッション。4,800円

京都伏見店のご近所さん、「平七屋老舗」さんの「秋」。「栗餅」と「月見団子」



週末イベントのお知らせ。
9月20日送信

突然失礼します!本店池田です。
次の土日の22、23日に応援で京都店にいます。で…ただ行くだけでは面白くないので、やっちゃおうかと。

実は以前、グローブ専門店での修行経験があり…できるんです。
グローブのイージーオーダーが。
指の長さの調整と、既成色での全体or部分のカラー変更。防寒グローブ、うましかを除く製品が対応可能です。
既成サイズが全く合わないなどの場合は、ゴメンナサイするかもしれません。屋島工房出張をお待ちください。

もちろん、ウェアのご相談も大歓迎。普段も店頭業務担当なので、何でも聞いてください。親身に伺いますよ。



秋小物が勢揃いです。
9月14日送信

大島、結城、西陣と弊社夫婦坂工房による伝統文化との融合品、只今数量限定(極小)にてフルラインナップで揃っております。

またこの秋も限定にてお出ししている印伝「赤トンボ」バージョンでは、キーホルダーに加えてコインケースも新たにラインナップ。

手にした赤トンボを目にするたび、前向きになれる(ような気がする)素敵なアイテムです。
京都伏見店限定、西陣織キーホルダー 2,500円

京都伏見店の、秋の新製品たち。



とってもエレガント。
9月10日送信

私自身、このハリスツイードを初めて見た時の感想は、「なんてカッコイイのだ!」でした。そして同時に「風格と気品が漂う」独特なオーラ的なものも感じ、私のようなコワッパにはまだ早いのか・・・と、ハードルが高そうな印象を受けた事も覚えております。

とはいえ、カッコイイものはいつ見てもカッコイイ。それはゆるぎのない事実なのです。手にしたものにしかわからない、弊社究極の逸品の一つである事には間違いありません。只今京都伏見店では、S-25HTR-77HTなどのジャケットをはじめ、ハンチングにバッグにキーホルダーと、ハリスシリーズがフルラインナップで展示中です。ぜひご来店いただき、その「風格と気品」にふれてみてください。

このラベルが付くと、特別な存在。正真正銘の"大人のジャケット"なのです。



レザーコーディネート。
9月6日送信

熟練した職人の手によって、お客様のために1点1点作製している弊社革ジャン。せっかく手にする革ジャンですから、お客様にお選び頂いた革と同素材、同色の小物などを記念に一緒に揃えてはいかがでしょうか。

写真は、DML-82Leライディングショートコート(カラーオーダー)、SGBハンチング(color:キャメルブラウン)、ステア牛革キーホルダー(color:キャメル)

ちなみにこのDML-82Leのカラーリング、身頃はキャメル、ウエストの2段ベルト、ポケットの玉縁部分、見返し部分などはキャメルブラウンに変更しています。

お客様オリジナルの1着に仕上げることができるのも、弊社工房での手作りならではなのです。



オリジナルブレンド完成。
9月3日送信

京都伏見店でお買い物をして頂いたお客様に、感謝の気持ちでお出ししている珈琲(土、日、祝のみではありますが、、)。

オープン当初より珈琲の味や豆の割合や挽き加減、はたまた弊社製品を身に着けてくださるお客様の姿をイメージしながら、納得する味を求めて試行錯誤の末、ついにペアスロープ京都伏見オリジナルブレンドが完成しました。

プロフェッショナルの味には到底及びませんが、一杯一杯心を込めてお淹れしております。使い込むごとに味わい深くなる弊社製品と同様、この味わい深い珈琲もぜひともご賞味をしにご来店ください。



≪戻る

menu shop-info products menu shop-info