2018年 11月から12月までの継 京都伏見。


2019年も、やりますよ~。
12月30日 送信

新年は1月4日11:00より開店

本当にあっという間に過ぎた2018年。
戌年、年男ではあったが特別なことはなかった年であった。

やはり何かを待っているだけでは、何もおきないのだと実感した。
2019年は、積極的に何かを変えるよう能動的に動く年としたい。

とにかく今年1年、お越しいただいたお客様に感謝と、
ご助力いただいた、たくさんの方々に本当に感謝。
個人の非力さと世間の厳しさを噛みしめた年でもあった。

2019年亥年
亥年の人は誠実で真っすぐな性格の方が多いというが、
私自身も一つずつ確実にブレることなく、まい進したい。

新春恒例、福引き運試し。
新年初めの運試し、どうぞ「継」へお越しください。

それでは皆様、安全運転で楽しいオートバイライフを!
今年1年本当にありがとうございました。
そして、良いお年を!



足回りを整えよう。
12月21日 送信


冷たく乾燥したり、急な雨で濡れたりと、
何かと足回りには負担がかかるものです。特にお気に入りの革靴にいたっては、都度適切なケアをしてあげたくなるのは私だけではないはず。

さっぱりと汚れを落とした後に、下地に潤い成分をたっぷりと与えた上で適量の栄養分とツヤをプラスする。仕上げのブラッシングも抜かりなく。

見えないこだわりこそ男の美学、気持ちの上がるファクトリーブランド、グレン・クライドのソックスを履いて。

「履くために手入れする」 から、
「手入れするために履く」 になる時、
本当のおバカになったと実感する時。

分かる方にはわかる、どうでもいい話。

それでは皆様、安全運転で楽しいオートバイライフを!



万能、最強インナー。
12月14日 送信


SF-01 サンステートフリース。
本格的に寒くなりだす今頃、注目度が高くなる製品の一つですが、ペアスロープの防寒インナー中もっとも暖かいこのモデルは、特に人気が集中する。

「百聞は一見に如かず」
どうぞ手に取り試着してみてください。その暖かさ、着心地、フィット感、品質など、全てを体感いただきたい。どうぞご来店を。

それでは皆様、防寒しっかり、楽しいオートバイライフを!



仕方のない事。
12月7日 送信


いつもこの時期になると、新しい財布が欲しくなる。
今の財布が壊れているわけでも、使い勝手が悪いわけでもないのだが、欲しくなる。

これはもう仕方のない事なのでしょう。

靴、ベルト、財布の3アイテムは、何か特別感がギュッと詰まったものにしたくなる。

これもまた、仕方のない事なのでしょう。

継にもいいものあります。
あなただけのとっておきを、どうぞ。

それでは皆様、寒くなりますが楽しいオートバイライフを!



12月のお菓子。
11月30日 送信


「木守(きまもり)」。
収穫への感謝と来年の豊作を祈って、柿の実などを一つだけ残しておく習慣のこと。

ここ京都では、鳥たちが食べる分として1つだけ残しておくとも言われます。

今回も「平七屋老舗」にお願いする和菓子「木守」、ふんわりとした時雨生地(しぐれきじ)の上に、柿を模した橙(だいだい)色の練餡がアクセント。昔ながらの晩秋の風習に思いを馳せて。

12月1日(土)~12月24日(祝)までの毎週末にお出しします。
※今月のお菓子 >>>

それでは皆様、しっかり防寒で楽しいオートバイライフを!



至高のブーツソックス「DEFENDER(ディフェンダー)」。
11月23日 送信


良いソックスを多数製造している「グレン・クライド」より、これもまた存在感のある素敵なソックスのご紹介です。

少し肉厚なウール混の生地が適度なフィット感と保温力を持ち、また特殊な技術で染め上げることで得られる色合いが、独特なヴィンテージ感を演出している。

見てよし、履いてよしのソックス。ぜひ一度手に取ってその生地感、確かめていただきたい。

良いブーツには、良いソックスが似合う。

それでは皆様、防寒対策をしっかりと、楽しいオートバイライフを!

※DEFENDER >>>



色で遊ぶ。
11月16日 送信


「アズーロ・エ・マローネ」、そんな言葉を聞いたことがあるだろうか。色の配色を表す言葉の一つで、「アズーロ(青色系)」と「マローネ(茶色系)」を使った、イタリアの洒落た男たちがよく取り入れる配色。

寒色系である青と暖色系である茶の組み合わせは、色の押し引きによる絶妙なコントラストが得られることで、一見派手に見えがちな配色だが実に品がありまた清潔感もある。

写真の革ジャンは私物の1年物、そういえばイタリア車のレザーシートの配色を参考にしていたことを思い出した。

「アズーロ・エ・マローネ」。革ジャン製作時には知らなかった言葉だが、なるほどイタリアが詰まったものになっているではないか。

ペアスロープ C-55 カスタム
自画自賛、恐縮です。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!




ショップカード。
11月9日 送信


お客様に「継」のことをもっと知っていただきたく、ショップカードをつくりました。
ショップカードは、お店の情報が詰まった、言い換えれば「お店の名刺」のような存在。

製品のこと、カスタムのこと、お手入れのこと等々、ご相談の優先予約の際にもご活用いただけると、大変うれしく思います。

これからは、店内のあちこちで目にとまることと思います。どうぞ1枚、お手元に置いてください。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



季節のお菓子。
11月2日 送信


秋も深まるこの時期に、お買い物をしていただいた後にお出しする季節のお菓子。

11月の毎週末、お買い上げいただいた方に感謝の気持ちを込めてお出しするのは、しっとりとしたサツマイモの中にこし餡を入れた、甘さ加減が絶妙な和菓子「甘薯」です。

※サツマイモは、甘薯(かんしょ)、唐芋(からいも・とういも)
 とも呼ばれます。

温かい「継」オリジナルブレンド珈琲とご一緒にどうぞ。

※季節のお菓子「甘薯」

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!


≪戻る

menu shop-info products menu shop-info