こちらのページでは、普段は日常の出来事や心がホッコリするようなユル~イ話題を取り上げ送信してまいります。オートバイから随分かけ離れた(?)話題になる事もしばしば。ホッと一息つきましょう。 


新アイテム、登場。
6月9日 送信


モノに対するこだわりは人それぞれですが、僕が大切にするものの中に「永く使える」というのがあり、ことあるごとにそのフィルターを介して物欲センサーを張り巡らせています。

あるではないですか、いいものが。
単に永く使えるだけでない、つくり手の想いやブランドとしてのあり方をも強くアピールしているものが。

靴下一筋に歩むファクトリーブランドであるグレン・クライドからこの春より、日本初の取り組みである「永久交換保証」のソックスがリリースされました。
「LIFE LONG by GLEN CLYDE」(ライフロング バイ グレン・クライド)

僕の物欲センサーにビビッと反応したこのソックスですが、こんな挑戦ともいえる保証を付けるには、つくり出す製品への自信や決意、覚悟のようなものがあるはず。

これはぜひとも継で取り扱いたい!と強く思いオファーをかけたところ快く承諾いただき、継の新アイテムとして取り扱いが決定しました。

皆さんにも近日中にご案内できるよう只今準備中。
販売開始は6月14日(木)から。しばらくの間お待ちください。

以上、新アイテムのご紹介でした。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



頼りになるヤツ。
6月8日 送信


北陸や東北以外の地域ではすでに梅雨入りが宣言され、またジメジメとしたお天気が続きそうです。

オートバイに乗る機会が減る方もいるかと思いますが、この時期日常的にも重宝するアイテムと言えばやはり、撥水スプレー。

靴やカバン、レインウエアーなどはもちろん、普段使いの洋服やスーツの裾にかけるのも効果的。

また継で扱うM.モゥブレィ プロテクターアルファは、ゴアテックスなどのハイテク防水テックス素材などにも使えて通気性も損ねない優れものなので、使用用途はかなりのもの。

効果的に使うことで、快適に梅雨を乗り切りましょう。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!

※M.モゥブレィ プロテクターアルファ >>>



145sストレッチデニム、サンドカラー再入荷!
6月1日 送信


欠品しておりました、ペアスロープ145sストレッチデニムのサンドカラーが入荷しました。インディゴカラー同様に大変人気のデニム。太すぎず細すぎずの、ちょうどいいサイズ感のストレートシルエット。

オートバイのみならず普段使いにも出番の多い、1年を通してガンガンはけるデニムです。14.5オンスのしっかりとしたストレッチなので、ハードに履いてもへこたれません。

オートバイでご来店の際には、ぜひご試着をしてまたがってみてください。しっかりと肉厚なのに突っ張らないことを実感いただけるはずです。ご来店お待ちしております。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



夏こそレザー、です。
5月24日 送信


あえてそう言うには訳があります。
個人的に夏場のライディングウエアーというと、天然繊維の「麻ジャケット」の上着にデニムパンツというのが、自分の中でのスタンダードでした。

今回お客様の「ソフトホースパンチングレザー」での上下カスタムオーダーに向き合いお話しするにつれ、自分の中の、夏場の「革」に対する認識が大きく変わりました。

単純にカッコいいカスタム製品を目の当たりにしたことで欲しくなってしまった感もあるのですが、昨今のライディングインナーの進歩は夏場・冬場ともに素晴らしいものがありご愛用の方も多いのではないでしょうか。それらを併用することで今までよりずっと快適に、夏場に「革」を着用することができるようになっています。

革をまとったライディングの安心感・安定感はそれなりに分かっているつもりなので、できるだけ「革」を着用してオートバイに乗りたいのが本音のところ。

ここ数年、春・秋のベストシーズンが短く感じる天候が続いていますが、オートバイでの正装「革ジャン」「革パン」を少しでも多くの方にご提案するなら、自らが着用してしっかりとご案内していかねばなりません。

ということで、この夏「革ジャン(パンチング)」デビューを決意しました。カミさんもやる気なので、今回のカスタムオーダーはカミさんに譲りますかね。詳しくはまたご報告します。


奈良県F様のパンチングレザー(ソフトホース)の上下とパンチンググローブ(ステア牛革)は、全てに思い入れを注いだフルカスタムの製品たちです。これぞオートバイ乗りの「正装」スタイル、この心意気見習わなくては!

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



気になる「あの」対策。
5月17日 送信

先日より取り扱いを開始した、「モールドクリーナー」と「ナチュラルフレッシュナー」。これからの時期に気になる「カビ」や「ニオイ」をとる優れもののお手入れ用品です。使い方は至って簡単なので、ぜひお試しあれ。

下記のような流れで実施すると効果的です。

①何はともあれ馬毛でのブラッシング。
鹿革以外のスムースレザーでは割としっかりとブラッシングしてください。汚れのたまりやすいエリ廻りにソデ廻り、またポケットの周辺など気になるところは入念に。見返し部分(内側)もお忘れなく。
鹿革はそっと撫でるようにやさしく。

②ウエスを使って塗布。
柔らかなウエス(ポリッシングコットンがオススメ)を用意し、そのウエスに「モールドクリーナー」を噴きかけなじませた上でやさしく塗り広げていきます。
直接スプレーして拭き上げても問題ないのですが、薄く均一に塗布する方が無駄もなく確実なので、一旦ウエスなどになじませてから塗り広げていくやり方の方が良いです。

③見返しレザー部分と裏地。
表面と同様にウエスに噴きかけなじませてから塗布していきます。
また裏地のニオイが気になる場合は「ナチュラルフレッシュナー」を噴きかけると効果的です。

雨が続きそうな時や、革ジャンのニオイが気になってきたら一度試してみてください。ほんと、カビには用心しましょう。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



そろそろ、です。
5月11日 送信


もうすぐやってくる「梅雨」に備えて、カビ対策をしっかりと。
継では、新たにM.モゥブレィ・プレステージから「モールドクリーナー」と「ナチュラルフレッシュナー」の取り扱いをスタートしました。

「モールドクリーナー」は、皮革製品への強力な防カビ効果と除去能力に優れるので、革ジャンのカビ予防にも最適なクリーナー。

また「ナチュラルフレッシュナー」は、靴やバッグなどの内側に使用し気になるニオイなどを除去する消臭・除菌ミストで、ラベンダー、レモングラス、ピンクグレープフルーツ、森林の香りから選べる。湿気がこもりやすく、雑菌(ニオイのもと)の繁殖しやすいところに使用するのが効果的。

どちらも天然由来の成分が主体なので、安心して革にも使用できるのもありがたい。
ポンプ式スプレー(100ml)タイプで価格も同じく 2,000円(税別)と少々値は張りますが、転ばぬ先の杖、特にカビ対策はしっかりとしておきたいところ。詳しい使用方法は近日中にご案内します。

※継が取り扱うお手入れ用品 >>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



「プレケア」やってます。
5月3日 送信


先日来より始めている「プレケア」サービスですが、ブーツの種類や状態によって微妙に異なる仕上がり感になります。

画像はグフセブン(右側:ストック状態)とショートグフ(左側:プレケア後)のもので、確実に変わります。ストック状態で履き始めても何ら問題はありませんが、数分で出来る一手間をかけてあげると、見た目もそうですが何より革のしっとり感が増すところが最大のポイントです。所要時間は約5分。

いずれにしても革本来の発色がよみがえりシットリ感が増してくれることで、履き出しのイメージは随分と変わってきます。

またすでにお持ちのブーツにも定期的にメンテナンスしてあげることでブーツは見違えますので、まずは数分で出来る簡単なメンテナンスから始めてみてはいかがでしょか。

※「プレケア」に関して詳しくはこちらへ >>
※継が取り扱うお手入れ用品 >>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



[店舗&サイト担当:自己紹介]
道継と書いて「みちつぐ」と読む。
いまだに同じ名前の人に出会ったことがない。

趣味はオートバイ、ゲーム、音楽。
音楽ジャンルはオペラから演歌まで、かなりの雑食系。テナーサックスが宝物。
魚座、三男坊、B型。


初めて就いた仕事はピアノ調律師。その後は、音楽と同じくらい大好きだったバイク業界へと進む。訳あって縁あって、ペアスロープのお世話になり、5年の年月を経て嫁さんとともに独り立ち(ふたり立ち?)。
調律師という、感覚がすべての世界でつちかった相手の考えを汲み取るコミュニケーション術で、とことんお付き合いいたします。その後のバイク業界でも大いに役立ち、今もなお、貫き通す信念。
ニッポンの伝統文化には、歳を重ねる事で初めて分かる格好よさや粋がある事に気付かされ、日本人として、この奥深きニッポンの伝統文化に触れながら、皆さんと共に素敵な大人であり続けること。
落ち着いて、ゆっくりと商品を見ることができ、ご来店いただいたお客様が癒され和む、そんな居心地の良いお店であり続けます。


ピアノ調律工具と通っていた調律学校時代の教本。随分と久しぶりに見た気がする。また機会があればぜひやってみたい。

継 KYOTO FUSHIMI 責任者:橋本道継


 過去のよもやま話
・2018年3月~4月 ・2018年1月~2月
・2017年11月~12月 ・2017年9月~10月
・2017年7月~8月 ・2017年5月~6月
・2017年3月~4月 ・2017年1月~2月
・2016年10月~12月 ・2016年9月~10月
・2016年7月~8月 ・2016年5月~6月
・2016年3月~4月 ・2016年1月~2月
・2015年11月~12月 ・2015年9月~10月
・2015年7月~8月 ・2015年5月~6月
・2015年3月~4月 ・2015年1月~2月
・2014年11月~12月 ・2014年9月~10月
・2014年7月~8月 ・2014年5月~6月
・2014年3月~4月 ・2014年1月~2月
・2013年11月~12月 ・2013年9月~10月
・2013年7月~8月 ・2013年5月~6月
・2013年3月~4月 ・2013年1月~2月
・2012年11月~12月 ・2012年9月~10月
・2012年7月~8月 ・2012年オープン~6月

・ 2012年オープン前

≪メニューへ 一番上へ≫

menu shop-info products touring menu shop-info