こちらのページでは、普段は日常の出来事や心がホッコリするようなユル~イ話題を取り上げ送信してまいります。オートバイから随分かけ離れた(?)話題になる事もしばしば。ホッと一息つきましょう。 

店舗の日常や新しい情報をお届けしています。
ぜひ「お友だち登録」をお願いします。
友だち追加


色で遊ぶ。
11月16日 送信


「アズーロ・エ・マローネ」、そんな言葉を聞いたことがあるだろうか。色の配色を表す言葉の一つで、「アズーロ(青色系)」と「マローネ(茶色系)」を使った、イタリアの洒落た男たちがよく取り入れる配色。

寒色系である青と暖色系である茶の組み合わせは、色の押し引きによる絶妙なコントラストが得られることで、一見派手に見えがちな配色だが実に品がありまた清潔感もある。

写真の革ジャンは私物の1年物、そういえばイタリア車のレザーシートの配色を参考にしていたことを思い出した。

「アズーロ・エ・マローネ」。革ジャン製作時には知らなかった言葉だが、なるほどイタリアが詰まったものになっているではないか。

ペアスロープ C-55 カスタム
自画自賛、恐縮です。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!




ショップカード。
11月9日 送信


お客様に「継」のことをもっと知っていただきたく、ショップカードをつくりました。
ショップカードは、お店の情報が詰まった、言い換えれば「お店の名刺」のような存在。

製品のこと、カスタムのこと、お手入れのこと等々、ご相談の優先予約の際にもご活用いただけると、大変うれしく思います。

これからは、店内のあちこちで目にとまることと思います。どうぞ1枚、お手元に置いてください。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



季節のお菓子。
11月2日 送信


秋も深まるこの時期に、お買い物をしていただいた後にお出しする季節のお菓子。

11月の毎週末、お買い上げいただいた方に感謝の気持ちを込めてお出しするのは、しっとりとしたサツマイモの中にこし餡を入れた、甘さ加減が絶妙な和菓子「甘薯」です。

※サツマイモは、甘薯(かんしょ)、唐芋(からいも・とういも)
 とも呼ばれます。

温かい「継」オリジナルブレンド珈琲とご一緒にどうぞ。

※季節のお菓子「甘薯」

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



[店舗&サイト担当:自己紹介]
道継と書いて「みちつぐ」と読む。
いまだに同じ名前の人に出会ったことがない。

趣味はオートバイ、ゲーム、音楽。
音楽ジャンルはオペラから演歌まで、かなりの雑食系。テナーサックスが宝物。
魚座、三男坊、B型。


初めて就いた仕事はピアノ調律師。その後は、音楽と同じくらい大好きだったバイク業界へと進む。訳あって縁あって、ペアスロープのお世話になり、5年の年月を経て嫁さんとともに独り立ち(ふたり立ち?)。
調律師という、感覚がすべての世界でつちかった相手の考えを汲み取るコミュニケーション術で、とことんお付き合いいたします。その後のバイク業界でも大いに役立ち、今もなお、貫き通す信念。
ニッポンの伝統文化には、歳を重ねる事で初めて分かる格好よさや粋がある事に気付かされ、日本人として、この奥深きニッポンの伝統文化に触れながら、皆さんと共に素敵な大人であり続けること。
落ち着いて、ゆっくりと商品を見ることができ、ご来店いただいたお客様が癒され和む、そんな居心地の良いお店であり続けます。


ピアノ調律工具と通っていた調律学校時代の教本。随分と久しぶりに見た気がする。また機会があればぜひやってみたい。

継 KYOTO FUSHIMI 店主:橋本道継


 過去のよもやま話
・2018年9月~10月
・2018年7月~8月 ・2018年5月~6月
・2018年3月~4月 ・2018年1月~2月
・2017年11月~12月 ・2017年9月~10月
・2017年7月~8月 ・2017年5月~6月
・2017年3月~4月 ・2017年1月~2月
・2016年10月~12月 ・2016年9月~10月
・2016年7月~8月 ・2016年5月~6月
・2016年3月~4月 ・2016年1月~2月
・2015年11月~12月 ・2015年9月~10月
・2015年7月~8月 ・2015年5月~6月
・2015年3月~4月 ・2015年1月~2月
・2014年11月~12月 ・2014年9月~10月
・2014年7月~8月 ・2014年5月~6月
・2014年3月~4月 ・2014年1月~2月
・2013年11月~12月 ・2013年9月~10月
・2013年7月~8月 ・2013年5月~6月
・2013年3月~4月 ・2013年1月~2月
・2012年11月~12月 ・2012年9月~10月
・2012年7月~8月 ・2012年オープン~6月


・ 2012年オープン前

≪メニューへ 一番上へ≫

menu shop-info products touring menu shop-info