こちらのページでは、普段は日常の出来事や心がホッコリするようなユル~イ話題を取り上げ送信してまいります。オートバイから随分かけ離れた(?)話題になる事もしばしば。ホッと一息つきましょう。 [ 担当:橋本 ]

「プレケア」始めます。
4月25日 送信

プレケアというのは、お買い上げいただいたお靴をお客様にお渡しする前に、より綺麗なコンディションに整える、お渡し前のお手入れのことです。

プレケアは一部の百貨店や靴の専門店では行われていますが、お手入れに掛かる時間を数分いただき、お客様をお待たせしなくてはいけないので、靴専門店であっても、なかなか実施できないところも多いのが現状。

私たちは靴の専門店ではありませんが、優れた革製品を末永くお使いいただくために、プレケアを始めることにしました。

良いお靴を大切にお使いいただくための、お待たせする時間。
ぜひ、その時間を私たちに使わせてください。


※詳しくは「プレケア」ページへ >>
※シューケア用品のご案内 >>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



お待たせしました、SG-088 ハーフメッシュジャケットの入荷です!
4月22日 送信


たくさんお問い合わせをいただいている、SG-088ハーフメッシュジャケットが入荷してまいりました。今回も少量入荷ですので、ご検討の際はまずはお問い合わせください。

幾度もの改良を重ねて熟成されてきたこのジャケットは、気温や天候の変化に強く高速走行を得意とする、どこまでも走り続けられるジャケット。着用期間も夏の前後までをカバーする、出番の多いジャケットになることは間違いないでしょう。

※製品の詳しいご案内はメーカーサイトへ
・SG-088 ハーフメッシュジャケット

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



藁焼き鰹!
4月18日 送信


いや〜旨かった。藁焼きタタキ。ガスバーナーのそれとは香りが違うというか、とにかく香ばしい。昨年4月からライダーズイン中土佐の管理人をされている下野さんのお話によると、ご近所の農家から分けていただく稲わらをしっかり乾燥させたものだけを藁焼き鰹に使うそうで、これが実に根気が要る作業らしいのです。

確かに稲わらを火に入れると、パチパチと小気味の良い音と煙、乾燥した香りが漂ってきます。そこに新鮮な生鰹を直接投入!なかなかにダイナミックな料理なのです。

レアに焼けたらすぐに厚く切って、タレをかけて薬味と一緒にその場で食う!温かい藁焼き鰹、これが最高に旨い。最近はタレをかけずに粗塩をかけて食べる「塩タタキ」が人気だそうで、ぜひ試していただきたいですね。

下野さんのレクチャーを受ける、(ヘッピリ腰の)カミさん。

カミさんが(ヘッピリ腰で)手にしているのは藁焼きの道具。
何という名前の道具なのかを尋ねたのですが、あまりに身近な道具すぎて地元の方もご存じなく、普通に「藁焼きするやつ」と呼ばれているようです。。。只今、中土佐町の町長さんにメールでお尋ね中(笑)


ライダーズイン中土佐、夜になると部屋の中にまで波の音が聴こえてきます。その音が聴きたくて、カミさんはプライベートで近いうちにまたSRで行くと言っています(私は留守番なのか)。

土佐を食す!自由旅 2018年7月28日(土)~29日(日)
ライダーズイン中土佐にて
Facebookページ

※詳しくはイベントページへ>>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



夏の土佐に行こう!
4月15日 送信


2018年の6月で、継 KYOTO FUSHIMIとして新たにスタートしてからあっという間の1年。先輩、後輩、友人、そして何よりお客様とペアスロープの皆様に支えられ、ここまでやってこれました。これからも引き続きで皆様の力をお借りしながらのゆっくりとした歩みとなるでしょうが、暖かく見守っていただけると幸いです。

今回1周年記念のイベントとして「ライダーズイン中土佐」様のご協力をいただき、大変旨い鰹のタタキを食せるのと藁焼き体験までできるイベントとすることができました。

たくさんの酒の肴と皆様とのライダー談議、今からワクワクが止まりません!皆様のご参加お待ちしております。

土佐を食す!自由旅 2018年7月28日(土)~29日(日)
ライダーズイン中土佐にて
Facebookページ

※詳しくはイベントページへ>>


それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



今年も出番の増えそうなメッシュジャケットの入荷です。
4月6日 送信


ペアスロープ「WM-318」の入荷です。今回も極少入荷。
しっかりとつくり込まれたダブルブレスト仕様のメッシュジャケットは、明らかに他のメッシュジャケットとは一線を画す存在。

また多層構造のポリエステルメッシュ生地の適度の厚みが、ふわりとした独特の柔らかな着心地と高級感をもたらしてくれる。手に取り試着すればお分かりいただけるかと。

※製品の詳しいご案内はメーカーサイトへ
・WM-318 >>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



モテモテなシブい奴が入荷。
3月30日 送信

RT-22RA リネンショートコートが少量入荷。

天然繊維であるリネン(麻100%)を使用した、夏用ツーリングショートコート。独特のハリやコシのある生地は、天然繊維の麻でしか出せない質感。

丁寧につくり込まれた各部パーツも、じっくりと見ていただきたいところ。

洗練されたシルエットは、着る者のたたずまいをも変えてくれる。暑い日差しの中にいても、しかめっ面は似合わない。


※製品の詳しいご案内はメーカーサイトへ
RT-22RA >>>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



機能性の高い実力派の入荷です。
3月23日 送信


ペアスロープ「DMF-15SC」の入荷です。こちらも極少入荷。
随所にライディング機能を盛り込んだ、しっかりと走れるライディングジャケット。

また「DMFシリーズ」は改善が繰り返し行われている完成度の高いモデルの一つ。乗車時の美しいシルエットが、その仕立ての良さを物語っている。安心して羽織れるライディングジャケットです。

※製品の詳しいご案内はメーカーサイトへ
・DMF-15SC >>

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



いいデニム、いろいろあります。
3月16日 送信


ペアスロープ「145sストレッチデニム」のはき心地は、とにかくストレスフリー。それでいて14.5ozのしっかりとしたデニムにストレッチ性を持たせていることで適度なコシもある。絶妙なシルエットにはきやすさとコシを併せ持つ、この時期1本は持っておきたいデニムに違いない。
¥15,000(税別)

※ペアスロープ春の製品入荷情報
・RT-22VT タンゴショートコート 極少量の入荷です。

製品の詳しいご案内はメーカーサイトへ
・145sストレッチデニム >>>
・RT-22VT タンゴショートコート >>>



いづつ「デニム絞り」はその名の通り、デニムを絞り上げて染めることでできる”柄”を愉しむ1本。伝統工芸士の手仕事による絞り染めは、裏側にうつりこむ染めの柄までをも見ていただきたい作品です。
¥28,000(税別)


それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



ペアスロープ 春の新製品 入ってきました。
3月11日 送信


ペアスロープこの春の新製品の入荷です。
少し早いのですがパンチングレザーを使用した涼しいブーツの入荷です。熟成を重ねたA-8シリーズに爽やかなライトグレーパンチングの登場です。軽量・軽快でいてしっかりした作りがペアスロープ流。ソール交換にも対応しているのもありがたい。

そしてこちらも好評のストレッチジーンズに新色「サンド」が入荷。ストレッチの恩恵かとてもシルエットのきれいな一本です。
どちらもまだ極小入荷につき、売り違いの際はご容赦願います。
※(お取り寄せが可能な場合もありますのでご相談ください。)

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



ペアスロープ35th 春の新製品。
3月8日 送信


継 KYOTO FUSHIMIにも少しずつではありますが、ペアスロープ35th春の新製品が入荷しています。

ペアスロープがつくる製品は、素材、ディテール、仕立て、そのつくりはどこを見ても抜かりがなく、本当にきれいな製品ばかりです。今なら少しですが現物もご覧になれますので、どうぞご来店ください。

また革靴のメンテナンス用品で知られる「R&D」社が取り扱う「M.モゥブレィ」のクリーム、各種ブラシ、クリーナー関連、靴紐など多数取り揃えておりますので、お手入れ方法などもお気軽にご相談ください。

それでは皆様、楽しいオートバイライフを!



春の暖簾。
3月1日 送信

継 KYOTO FUSHIMIでは、季節によって暖簾をとりかえます。
本日より3月、淡い若草色の風合いが、もうそこまでやってきた春を感じさせてくれます。

ペアスロープ35th春の新製品は、ここ継でも3月7日(水)より順次発売開始です。




[店舗&サイト担当:自己紹介]
道継と書いて「みちつぐ」と読む。
いまだに同じ名前の人に出会ったことがない。

趣味はオートバイ、ゲーム、音楽。
音楽ジャンルはオペラから演歌まで、かなりの雑食系。テナーサックスが宝物。
魚座、三男坊、B型。


初めて就いた仕事はピアノ調律師。その後は、音楽と同じくらい大好きだったバイク業界へと進む。訳あって縁あって、ペアスロープのお世話になり、5年の年月を経て嫁さんとともに独り立ち(ふたり立ち?)。
調律師という、感覚がすべての世界でつちかった相手の考えを汲み取るコミュニケーション術で、とことんお付き合いいたします。その後のバイク業界でも大いに役立ち、今もなお、貫き通す信念。
ニッポンの伝統文化には、歳を重ねる事で初めて分かる格好よさや粋がある事に気付かされ、日本人として、この奥深きニッポンの伝統文化に触れながら、皆さんと共に素敵な大人であり続けること。
落ち着いて、ゆっくりと商品を見ることができ、ご来店いただいたお客様が癒され和む、そんな居心地の良いお店であり続けます。


ピアノ調律工具と通っていた調律学校時代の教本。随分と久しぶりに見た気がする。また機会があればぜひやってみたい。

継 KYOTO FUSHIMI 責任者:橋本道継


 過去のよもやま話
・2018年1月~2月
・2017年11月~12月 ・2017年9月~10月
・2017年7月~8月 ・2017年5月~6月
・2017年3月~4月 ・2017年1月~2月
・2016年10月~12月 ・2016年9月~10月
・2016年7月~8月 ・2016年5月~6月
・2016年3月~4月 ・2016年1月~2月
・2015年11月~12月 ・2015年9月~10月
・2015年7月~8月 ・2015年5月~6月
・2015年3月~4月 ・2015年1月~2月
・2014年11月~12月 ・2014年9月~10月
・2014年7月~8月 ・2014年5月~6月
・2014年3月~4月 ・2014年1月~2月
・2013年11月~12月 ・2013年9月~10月
・2013年7月~8月 ・2013年5月~6月
・2013年3月~4月 ・2013年1月~2月
・2012年11月~12月 ・2012年9月~10月
・2012年7月~8月 ・2012年オープン~6月

・ 2012年オープン前

≪メニューへ 一番上へ≫

menu shop-info products touring menu shop-info